陸にて

つぶやき『竿』

アコウの竿に関してのネタです。

たまに「どんな竿がいいですか?」と聞かれます、言葉じゃ伝えるの難しいので取りあえず僕は「固め」と答えます。
最近の流行でワンピースの短めな竿全体がギューンとしなる(はっきり言って)柔らかめな竿が主流ですね。
特に最近はメーカー指定300号負荷でも柔らかめです。

お越しになる7割なお客様がちょっと柔らかめな竿が多いですね。
初めてな方、キンメまでなら経験してます(アコウは初めて)って方々のほとんどが柔らか過ぎかなって思います。
実際現場ではオモリ300号+400〜600mの道糸の負荷が掛かります、
それを考慮して固めを選んでほしいです。2本あってどっちかな?って迷ったら固めを選んでください。
柔ら目でダメって訳じゃないんです、でも魚種によるアタリの変化がわかりづらい、根掛かりに気付くのに遅れる(竿先からの情報全てが遅れます)、うねり高く海が悪い時は特にわかりにくい。
自分が使う物なので柔らかめって承知して使いこなせば問題はありませんけどね。
ただ「もう少し固めのほうが分かり易いから楽しいのになぁ」とは思います。

逆に固すぎたらどうしよう?
大丈夫です、固すぎても底立ちは取れるしオモリと道糸の負荷が掛かれば竿は曲がります。


家で用意しているレンタル竿でのしなり方です、今後の参考にしてみてください。
柔らかいほうから紹介していきます。(全て現行機種ではありませんので)



アルファタックルの『ディープクルーザー300W』
f0214557_11411364.jpg

f0214557_114261.jpg
メジャーだし扱い易いですが
ガイドが弱いので注意が必要かな。





同じくアルファタックル『スーパーディープクルーザー300W』
f0214557_1147537.jpg

f0214557_11471766.jpg
上記のディープクルーザーのさらに以前のタイプです。こっちのが少し固め、ガイドは強度もありラフに扱っても大丈夫。(同タイプで全長が長い竿もありますが、そっちは同じ負荷でも長いぶん柔らかいです)。
ガイドも大きめなので竿先を見る時に見やすいですし僕はオカズ釣りする時によく使用します。





リョービ『船』?
f0214557_11545937.jpg

f0214557_1155967.jpg
さらに固めですね、これも古いですけど個人的に僕は好きでオカヅ釣りにも使用します。見た目は一世代前ですが軽いし短いし充分いけます。きっと中古店では安価だと思います、発見したら買いですよ。





『フィッシュキラー』
f0214557_1214157.jpg

f0214557_1215628.jpg
過去に何処かのシュップがメーカーに依頼して作成販売した竿です、見た目安っぽいですね(笑)。固さ的にはかなり固めで棒っきれみたいですが、これも実際使用すると悪くないんです。実際手でギューって曲げても凄く固いです、内心「え、こんな固くて平気?」ってほどですが全く問題ありません。もう古いタイプなので見かけないでしょうし中古店でも安価でしょうね。しいて言えば全長がもう少し短いと扱い易いかな。



上記4機種を状況により使い分けてレンタル使用しています。
アコウ釣りの場合はリールより竿を重要視してください。
リールは取りあえず巻き取れればスピードは重視しなくても大丈夫です、重視するなら力(トルク)重視かな。
アコウ釣りは竿を持って誘ったり動かす事がありません、基本キーパーから外しません。
ですからリールで巻くか伸ばすしか出来ません、深い海底での状況も竿先からしか情報が得られませんので竿選びは重要です。
現行機種で新品、見た目が綺麗(作りが凝ってる)とかは二の次です。
特に最近の現行機種は柔らかめなのです。
深場釣りの竿(道具)って中古店でも中々置いてないけど、気にして覗いてみると安価で扱い易い竿を発見する事もあるかも知れませんよ。
[PR]
by iwakimaru | 2013-02-27 12:26 | 陸にて

いわき丸船長(ヨシヒロ)の日々の出来事、小言、泣き言、懺悔話etc


by iwakimaru
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31